浴室

2012年07月09日

今日は朝早くから配管屋さんが来られた。
有難い事だ。

来られると言う連絡が無かったので、朝食を食べてノンビリとしていたところだった。
「水を止めて良いですか」と聞かれたので、何気なく良いと言ったが、歯も顔も洗えないままになってしまった。
今日から風呂に入れると思えば数時間くらい良かろう。

先日、ご近所の方から「木のお風呂に換えるのですか」と聞かれた。
田舎暮らしをしに街から来て風呂を換えるのであれば、拘って木の浴槽にするのだろうと思われたのであろう。

ところが、我家の浴槽は、私の憧れのバブルジェットバスだ。

DSC00695

しかも、こんな色や

DSC00700

こんな色や

DSC00701

こんな色や

DSC00702

こんな色にもなる。

DSC00703

こんな風に光るのは想定外だったのだが。

今はまだ若くは無いが普通に風呂に入れるので、この位の浴槽にも入る事に不自由を感じる事はない。
ただ、年数が経ち、風呂に入る事が大変になってきた時は、それなりの浴槽に換えようと思う。
この方法が良いかどうかは判らんが、浴槽だけを換えられるようにフラットの床にしている。

DSC00657

長期的な考えで作ってはみたが、

それまでこの家が崩れなければいいのだが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村