広告

2012年04月28日

今日は遠方の大学に行っている次女が帰って来た。

DSCN5200

JRもあるのだが、高速バスが便利なようなのでそちらにさせた。
本数も思ったよりあるし、お客さんも結構乗っていたようだった。
次女は高速道路からの景色を見て、予想していたより街だと思ったようだった。

そこから15分かけて我家に帰るのだが、周りが暗いので田舎なのは気付いたと思う。
家の中を案内すると、かなり気に入ってくれたようで嬉しそうだった。

ただ、次女は虫が嫌いで、玄関を開ける時に入ってきた小虫にワーワーと騒いでいた。
例の電気式ハエたたきを見せると感動していたようだった。

だが、次女は知らない。
昨夜、こんな奴が徘徊していた事を。

DSCN5196

この事は黙っておこう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2012年04月25日

今日は畳屋さんと市の職員の方が来られた。
勿論、用件は別なのだが。

畳屋さんは、二階の和室の表面の弛みと、8畳間の表替えの件で来られた。
ゴールデンウィーク前に欲しいと言っていたので、慌てて来られたのではないだろうか。

二階の和室の新調した畳の弛みは、畳を若干大きく作り過ぎていたようなのだ。
なので2枚持ち帰って修正して来られるとのことだった。

DSCN5180

その間に養生シートでもう少し修正をしておいた。

床の間のある8畳間も持っていかれて古い新聞があるだけの状態に。

DSCN5178

1993年~1994年の新聞が大半だったな。

DSCN5183

色々と記事を読んでしまった。

市の方々は、合併浄化槽の件で来られた。
3月に市には申し込んでいたのだが、実際にはもっと早くに不動産屋さんが動き出していた。
本来であれば、この家は建坪が広いので7人槽の合併浄化槽を設置しないといけない。
しかし、7人槽の合併浄化槽を設置できる所は一箇所にしかなく、
軒を壊したり温水器を動かしたりしなくてはいけない。
それでは費用が可也かかってしまうので決断しかねていた。

市の方から、保健所の承諾を得られれば5人槽でもと聞き、その方向で進むことにした。
ただ、この承諾を得るためには、この広い家に2人以上の居住はしないという誓約書を書く事が条件になる。
全く不思議な話だ。
なぜ5人までではないのだろう。
5人槽の合併浄化槽を設置するのに、この広い家に2人だけで住まないと設置してはいけないと言うのだ。
3人で住むのなら7人槽でないといけないらしい。

私のような素人は、川に直接排水を流すよりは合併浄化槽を使った方が良いように思っていたのだが、
何らかの理由があり、2人以上の居住であれば、排水を川に直接の方が良いと言う事なのであろう。

一通りご説明があったのだが、市の方が言われたかったのは、ここの合併浄化槽の設置は特殊らしく、
屋内の配管業者と合併浄化槽の業者を同じにしたかったようなのだ。

ところが、同じ業者だと屋内の見積りが高く、配管ルートも私の好まんルート。
この業者さんに屋内はお願いすると市に報告した所は別の業者さん。
それで市の方々が慌てて来られたのではないだろうか。
お話の内容も強くは言われないが、それとなくお願いをされていた。
数万円の見積りの差であれば構わんが、倍半分も違えばそうはいかん。
何せ、お願いする業者さんは、風呂場まで扱ってもそのセットの業者さんより安価だった。
配管ルートも強引なものではない。

市の方が言われるには、同じ業者だと即工事にかかれるが、違う場合は入札になるので時間がかかるらしい。
引越して一週間以上になったので、この簡易水洗にも何となく慣れてきた感じ。
もう既に住んでいるので何時になっても構わん。

ただ、ウォシュレットでないのが辛いな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



広告